高血圧とは、血管にかかる圧力が高い状態が続くことをいいます。上が140mmHg、下がが90mmHg以上だと高血圧と診断され、現在の日本での高血圧患者数は約4300万人と言われていて、3人に1人が高血圧というまさに国民病です。

高血圧の原因と言えば塩分の過剰な摂取があげられます。どうして塩分が血圧を上げてしまうのでしょうか?血管には無数の穴が開いていて、その穴を通して血管と細胞の間で水分が行き来しています。

その水分量をコントロールしているのが塩分なんですね。塩分には水分を引き寄せる力があります。血液中に適量の塩分があれば、血液の水分も適量で正常な血液が維持されます。しかし、血液中の塩分が多いと、引き寄せられる水分量も多くなり血液の量も増加します。その結果、血管にかかる圧力が高くなり、この状態が続くと高血圧になってしまうのです。

そのほかにも高血圧になる原因として、加齢、ストレス、肥満、喫煙、運動不足など、さまざまなことが考えられています。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

血圧はいつ測るのが良いの?

血圧は、1日の中でも上がったり下がったりを繰り返して変動しています。朝の起きた直後は血圧が低く、だんだん上昇してお昼にはピークに、その後は徐々に下がり夜寝ている間が一番下がっています。その中でも食事をした直後は上がり、お風呂に入った直後は下がったりと、活動によっても変動しています。東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科 主任教授 市原淳弘先生の話では、変動がない朝起きたときに血圧を測るのが基本だと言います。

関連記事

高血圧に良い食べ物一覧表
高血圧に良い食べ物を一覧にまとめてみました。降圧成分を含んだ食材を食べることも必要ですが、毎日30品目以上の食材を食べることで栄養バランスを整えることも忘れてはなりません。必須栄養素も忘れずに!

高血圧に良い飲み物一覧表
高血圧に良い飲み物を一覧にまとめました。普段から飲んでいるお茶やコーヒーにも降圧作用や血圧上昇を抑制するものがあります。1日に必要な水分摂取をする時は意識して飲むことで高血圧を予防。

高血圧に良い成分一覧表
高血圧に良い成分を一覧表にまとめました。イワシのサーデンペプチド、タマネギのケルセチン、緑茶のカテキンなど血圧を下げる成分から、食材や食べ物を探せるようにしました。

高血圧を治すには体質改善により血圧が上がらない時の健康状態に戻す必要があります。偏った食事にならないように1日30品目を目安に、健康維持に必要な五大栄養素を毎日しっかり摂ることが大切です。食事に自信がない方はサプリメントを活用してください。

世界の塩分摂取量の平均は【1日5g】なのに日本人の塩分摂取量の平均は【1日10.4g】ちなみに男性が【11.4g】女性が【9.4g】この塩分の過剰摂取が高血圧の原因と考えられています。あなたは塩分を摂り過ぎた食生活をしていませんか?
減塩弁当の宅配業者の比較ランキング
高血圧の食事療法を続けていると食べるものが無くて困る事ってありますよね。そんな時に便利なのが減塩宅配弁当です。常に冷蔵庫に減塩弁当を保存してあれば食べたい時に電子レンジで暖めるだけでOK!