血管を若返らせる食べ物として名医がススメル凍み大根(しみだいこん)の効果について記載しています。いつまでも若々しくいたい!そんな願望をかなえるためには血管若返られることが大切。武庫川女子大学 国際健康開発研究所の家森幸男所長医学博士がオススメの食材が凍み大根(しみだいこん)。

家森所長は、WHOと協力して、アフリカのマサイ族や中国など、世界の長寿で知られる世界61の国を訪れ、地域の食生活を分析。食材と健康長寿の関係を30年以上研究している世界的権威。その家森所長が今注目している、お肌の老化と血管の老化防止が期待できる食材が『凍み大根(しみだいこん)』です。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

凍み大根の作り方が栄養価を高める

凍大根を良く食べるのが日本一の長寿県の長野県飯山市。飯山市ではあたりまえのように食べられています。凍大根は厳しい寒さを利用してつくられますが、ここ長野県飯山市は、2月の最低気温が-15℃を下回る日もある厳寒の地域。凍み大根などの乾物を作るにはピッタリの環境なんですね。

【凍み大根の作り方】

・大根の皮をむき大きさを揃えて輪切りにします。
・それを箸が通るくらいまで茹でます。
・冷ましたら、中央に藁が通るくらいの穴を開けて藁を通します。
・それを軒下に吊るします

この作る過程が栄養価の高さのポイント。凍み大根を作るためには、大根を凍らせて溶かします。これを繰り返して乾燥させる過程が栄養価を高めています。つまり天然のフリーズドライなのです。

実は、野菜には細胞壁があります。それが野菜の栄養の吸収を妨げているのです。ですが、野菜を乾燥させると栄養の吸収を遮っている細胞壁が壊れます。すると栄養素が腸管から吸収しやすくなるのだそうです。

さて、次はどうして凍み大根がお肌や血管を若返らせてることが出来るのでしょうか。ではその効果についてです。血管を障害する大きな原因は高血圧です。この高血圧の原因として指摘されるのが、塩分(ナトリウム)の摂り過ぎです。凍み大根には塩分を体内から出してくれるカリウムが豊富に含まれているのです。

【生の大根と凍み大根の100gあたりの栄養比較】

表を入れて

塩分を出してくれる働きがあるカリウムは、生の大根が230mgに対して凍み大根は3500mgの何と15倍。女性が不足している鉄分は生の大根が0,2mgに対して凍み大根は3,1mgの何と16倍。カルシウムも生の大根が23mgに対して凍み大根は500mgの何と22倍。

さらに、凍み大根は悪玉コレステロールの吸収を抑えてくれる食物繊維が生の大根の16倍含まれています。そのため、動脈硬化予防や腸内環を整え肥満予防や肌老化も防いでくれるのです。

また、大根を乾燥させると女性が不足しがちと言われている鉄分がアップします。実は鉄分は吸収しにくい栄養素なので凍み大根を活用すると貧血予防につながります。そのほかのも、ビタミンB1、ビタミンB2は30倍に増えるので美肌効果が期待できます!

大根を乾燥させて作る凍み大根は、寒い地域でないと上手に作ることができません。長野県の道の駅や通販で購入することができます。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

高血圧に良い食べ物一覧表
高血圧に良い食べ物を一覧にまとめてみました。降圧成分を含んだ食材を食べることも必要ですが、毎日30品目以上の食材を食べることで栄養バランスを整えることも忘れてはなりません。必須栄養素も忘れずに!

高血圧に良い飲み物一覧表
高血圧に良い飲み物を一覧にまとめました。普段から飲んでいるお茶やコーヒーにも降圧作用や血圧上昇を抑制するものがあります。1日に必要な水分摂取をする時は意識して飲むことで高血圧を予防。

高血圧に良い成分一覧表
高血圧に良い成分を一覧表にまとめました。イワシのサーデンペプチド、タマネギのケルセチン、緑茶のカテキンなど血圧を下げる成分から、食材や食べ物を探せるようにしました。

高血圧を治すには体質改善により血圧が上がらない時の健康状態に戻す必要があります。偏った食事にならないように1日30品目を目安に、健康維持に必要な五大栄養素を毎日しっかり摂ることが大切です。食事に自信がない方はサプリメントを活用してください。

世界の塩分摂取量の平均は【1日5g】なのに日本人の塩分摂取量の平均は【1日10.4g】ちなみに男性が【11.4g】女性が【9.4g】この塩分の過剰摂取が高血圧の原因と考えられています。あなたは塩分を摂り過ぎた食生活をしていませんか?
減塩弁当の宅配業者の比較ランキング
高血圧の食事療法を続けていると食べるものが無くて困る事ってありますよね。そんな時に便利なのが減塩宅配弁当です。常に冷蔵庫に減塩弁当を保存してあれば食べたい時に電子レンジで暖めるだけでOK!