高血圧と診断される前に、自覚症状があれば食生活や生活習慣を見直し予防することが出来ます。

しかし、多少血圧が高くても症状が出にくく、自覚症状が出ていても、「体調が悪いのかな・・・」と、よく起きる一般的な症状が多い為見過ごしてしまう事が多いです。

ですので”これは高血圧の症状”と断言できる症状はありませんので発見の難しい病気ともいえます。

そこで自覚症状があるなしに関わらず、疲れやすく、何日も体調がすぐれないときは、自宅で血圧を測ってください。特に、家族に血圧が高い方がいる方、また、以前にも血圧が高いことがあった方は、血圧を測ることを毎日の習慣としてください。

血圧が高すぎて起こる症状は幅広くそれが高血圧によるものだと判断することがなかなかはできません。ですので毎日血圧を測ることが早期発見につながり早めに対策するができます。

たとえば、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り、鼻血、などの症状を感じることがあります。また、高血圧がかなり進んでいれば動悸息切れ、胸痛、むくみが現れることがあります。このようなときは注意が必要です。




スポンサーリンク



スポンサーリンク


高血圧と診断された方々が感じていた主な症状をまとめてみました。参考にしてください。

頭痛 高血圧が原因でおこる頭痛は前頭部や後頭部から後頸部にかけての痛み、時には吐き気を伴うこともあります。
めまい 血圧があまりにも高いとふらついて歩けなくなることがあります。これは高い血圧が続くことで脳の血液循環を一定に保つ、自動調節能がスムーズに機能せず、血液の流れが乱れて循環障害が起こります。そのため血液が脳まで十分に行き渡らず起こります。
肩こり 高血圧の患者さんに多く見られる症状でもあります。これは抹消血管に抵抗がかかり血管が収縮し血液の流れが悪くなり起こります。
耳鳴り 血圧を下げるために降圧剤を飲むことにより、細い動脈が拡がり、脳への血液の量が増えたり、脳の動脈の脈圧が上がることにより耳鳴りが起こると言われています。
鼻血 高血圧でよく起こる症状とは言い切れませんが、高血圧が原因で鼻血が出たとしたら、かなり危険な状態だと考えたほうがいいです。それは、鼻だけではなく、体内のいずれかの血管が破裂するおそれがあります。
動悸 高血圧と診断されて動悸や息切れの症状がある人は、心臓がオーバーワークを続けた結果、心臓の壁が厚くなってしまいます。これは心肥大の可能性があります。
胸痛 高血圧と動脈硬化の症状が進むと狭心症になります。それを放置することにより心筋梗塞になったりします。これは高血圧の合併症として最も警戒すべき症状です。
むくみ 高血圧で動脈硬化が進むと、腎臓への血液の流れが悪くなります。そのため腎臓に大きな負担をかけることになり、腎臓の機能が低下します。これは腎臓の病気の可能性があります。
手足のしびれ 高血圧による手足のしびれは脳の血管障害が起きていると考えられます。例えば脳梗塞や脳出血です。この症状が進行すると重症化してしまう恐れがあります。

関連記事

高血圧に良い食べ物一覧表
高血圧に良い食べ物を一覧にまとめてみました。降圧成分を含んだ食材を食べることも必要ですが、毎日30品目以上の食材を食べることで栄養バランスを整えることも忘れてはなりません。必須栄養素も忘れずに!

高血圧に良い飲み物一覧表
高血圧に良い飲み物を一覧にまとめました。普段から飲んでいるお茶やコーヒーにも降圧作用や血圧上昇を抑制するものがあります。1日に必要な水分摂取をする時は意識して飲むことで高血圧を予防。

高血圧に良い成分一覧表
高血圧に良い成分を一覧表にまとめました。イワシのサーデンペプチド、タマネギのケルセチン、緑茶のカテキンなど血圧を下げる成分から、食材や食べ物を探せるようにしました。

高血圧を治すには体質改善により血圧が上がらない時の健康状態に戻す必要があります。偏った食事にならないように1日30品目を目安に、健康維持に必要な五大栄養素を毎日しっかり摂ることが大切です。食事に自信がない方はサプリメントを活用してください。

世界の塩分摂取量の平均は【1日5g】なのに日本人の塩分摂取量の平均は【1日10.4g】ちなみに男性が【11.4g】女性が【9.4g】この塩分の過剰摂取が高血圧の原因と考えられています。あなたは塩分を摂り過ぎた食生活をしていませんか?
減塩弁当の宅配業者の比較ランキング
高血圧の食事療法を続けていると食べるものが無くて困る事ってありますよね。そんな時に便利なのが減塩宅配弁当です。常に冷蔵庫に減塩弁当を保存してあれば食べたい時に電子レンジで暖めるだけでOK!