高血圧の宅配弁当とは、食事制限が必要な高血圧患者用に調理した弁当を宅配してくれるサービスです。このサービスは大手食品メーカーから、地域の食事会社が提供しているものまで様々な企業が展開しています。テレビCMでよくみかけるのは、日清医療食品の『食宅便』です。

日清医療食品は、もともと医療・介護・福祉施設などの食事を提供する事業を行っています。栄養士や管理栄養士が、約9,000人もいる大企業ですが、全国にいる高血圧や糖尿病をはじめとする生活習慣病の弁当を宅配するサービスを始めました。

塩分制限・カロリー制限・栄養バランスを整えた調理済の弁当を冷凍にして届ける事業です。弁当と言っても、送られてくるのは『おかず』だけの弁当で、1食あたり300kcal以内で作られています。もちろんですが、塩分は1食当たり2グラム未満、使っている材料も約20品目なので栄養バランスも考えられています。

塩分が少なくてもダシを使って、しっかりとした味付けをしているので、美味しいと評判です。この『おかずだけの弁当』を食べる時に電子レンジで暖めるだけでなので、難しい栄養計算も必要なく高血圧の食事療法を続けることができるのです。これが高血圧の宅配弁当です。食事を作らなくて済む分、その時間を有効に使えますし、奥様の負担を減らすメリットもあるのです。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

高血圧の食事療法を体験

でも本当に宅配弁当で食事療法はできるのでしょうか?わたしは自炊できるので『おかず』を1週間分作り置きして高血圧の食事療法を続けてきました。それでも材料選びから、塩分やカロリーの栄養計算は大変ですし、なんといっても30品目も材料を使うとなると買い物から気を使うので時間もかなりかかります。

そこで日清医療食品の食宅便の中から、塩分ケアコースの7食セットを購入してみました。塩分ケアコースは7食分でワンセットになります。このセットが5種類ありますのでメニューは35種類になります。1食あたり620円なので最初は高いなぁ~と思いました。しかし、使っているとその便利さに感動です。食べたい時に3分から4分加熱するだけで本当に美味しい食事にありつけます。

1食分のカロリーは300kcal以内なので、主食を食べる量で1食分のカロリーを調整できます。わたしは1食あたり150gのご飯ですから約255kcalとなります。つまり1食当たりの摂取カロリーは550kcal以内になります。買い物にも行かなくて済みますし、栄養計算しなくて済むのは本当に助かります。自炊するより簡単に高血圧の食事療法を行えるメリットは大きいと感じました。

そして宅配弁当なら長続きできるので、根本的に高血圧を改善したい人には最適な食事だと思いました。興味のある方は試してみてくださいね。

高血圧の宅配弁当のメリット

高血圧と診断されると薬物治療と並行して、患者自身が食事療法や運動療法を行う必要があります。ところが高血圧の食事療法は、栄養計算が難しく実践できる人が少ないと言われています。日本人の塩分摂取量の平均は1日10グラム以上というデータがあり高血圧になりやすく、1日6グラム以内に制限しなくてはなりません。

その上に高血圧患者は、肥満やメタボが多いのでカロリー制限を行い適正体重に落とさなければなりません。その人の年齢や性別、身長や体重により適正体重は変わりますが、1日エネルギー摂取量は1500~1800kcal程度に制限されます。さらに栄養バランスも整えなければならず、1食あたり最低でも20品目、できれば30品目食べることが理想とされています。

これらの条件を1食あたりでまとめると、塩分は2g未満、カロリーは500kcal、20品目の材料で調理することになります。主食のご飯を100g~150g食べるとすると、おかずは300kcal程度に抑えなければなりません。栄養士や管理栄養士なら、このような栄養計算は得意かも知れませんが、一般の主婦や自炊している男性には難し過ぎます。そのために高血圧の食事療法の効果が、なかなか現れません。

ちゃんと実践すれば高血圧患者は減る筈です。しかし現実は、毎年のように増え続け、今では約4,000万人が高血圧(予備軍も含む)と言われています。そこで、もっと簡単に高血圧の食事療法をするために考案されたのが宅配弁当です。

関連記事

高血圧に良い食べ物一覧表
高血圧に良い食べ物を一覧にまとめてみました。降圧成分を含んだ食材を食べることも必要ですが、毎日30品目以上の食材を食べることで栄養バランスを整えることも忘れてはなりません。必須栄養素も忘れずに!

高血圧に良い飲み物一覧表
高血圧に良い飲み物を一覧にまとめました。普段から飲んでいるお茶やコーヒーにも降圧作用や血圧上昇を抑制するものがあります。1日に必要な水分摂取をする時は意識して飲むことで高血圧を予防。

高血圧に良い成分一覧表
高血圧に良い成分を一覧表にまとめました。イワシのサーデンペプチド、タマネギのケルセチン、緑茶のカテキンなど血圧を下げる成分から、食材や食べ物を探せるようにしました。

高血圧を治すには体質改善により血圧が上がらない時の健康状態に戻す必要があります。偏った食事にならないように1日30品目を目安に、健康維持に必要な五大栄養素を毎日しっかり摂ることが大切です。食事に自信がない方はサプリメントを活用してください。

世界の塩分摂取量の平均は【1日5g】なのに日本人の塩分摂取量の平均は【1日10.4g】ちなみに男性が【11.4g】女性が【9.4g】この塩分の過剰摂取が高血圧の原因と考えられています。あなたは塩分を摂り過ぎた食生活をしていませんか?
減塩弁当の宅配業者の比較ランキング
高血圧の食事療法を続けていると食べるものが無くて困る事ってありますよね。そんな時に便利なのが減塩宅配弁当です。常に冷蔵庫に減塩弁当を保存してあれば食べたい時に電子レンジで暖めるだけでOK!