高血圧のほとんどの患者は、血圧を上げる明確な原因が不明な”本態性高血圧”というタイプです。日本人の高血圧患者の約90%が本能性高血圧だと言います。

本能性血圧には多くの要因があります。遺伝体質、糖尿病予備軍、動脈硬化などの病気、肥満、塩分の多い食事、加齢、ストレス、喫煙、飲酒の習慣、過労、日常の運動不足、激しい運動をしたとき、冬の寒さ、外気温の急変(入浴時の脱衣、熱いお風呂に入ったとき、冬季に暖かい室温から外出したとき)、睡眠不足、排便時の力み、性格(一人で抱え込むタイプの人)などが危険因子といえます。このようなことを多く持っている人ほど、高血圧になりやすいといえます。

本能性血圧の要因である遺伝体質の割合ですが、両親が高血圧の場合、その子供が高血圧になる割りありは50%あると言われています。しかし残りの50%は遺伝があっても、その他の環境的な危険因子をなくしてしまえば、高血圧を発症しないですみます。

その逆に、親が高血圧でなくても、子供が高血圧になることもあります。これは、親には高血圧の体質はあったが、環境因子が整っていたため発症しないですんでいます。

また子供が整っていない環境因子の中で不摂生な生活をすれば、高血圧を発症してしまうと考えられます。片親だけが高血圧の場合には子供が高血圧になる割合は30%前後というデータもあり、遺伝性があるのは確かだといえます。

また、患者さんの数は少ないのですが、明らかな原因があり高血圧になっている場合もあります。これを「二次性高血圧」といいます。腎臓病やホルモン異常など、原因となる病気があります。こちらは、原因となっている病気を治療すれば、高血圧は改善します。




スポンサーリンク



スポンサーリンク


関連記事

高血圧に良い食べ物一覧表
高血圧に良い食べ物を一覧にまとめてみました。降圧成分を含んだ食材を食べることも必要ですが、毎日30品目以上の食材を食べることで栄養バランスを整えることも忘れてはなりません。必須栄養素も忘れずに!

高血圧に良い飲み物一覧表
高血圧に良い飲み物を一覧にまとめました。普段から飲んでいるお茶やコーヒーにも降圧作用や血圧上昇を抑制するものがあります。1日に必要な水分摂取をする時は意識して飲むことで高血圧を予防。

高血圧に良い成分一覧表
高血圧に良い成分を一覧表にまとめました。イワシのサーデンペプチド、タマネギのケルセチン、緑茶のカテキンなど血圧を下げる成分から、食材や食べ物を探せるようにしました。

高血圧を治すには体質改善により血圧が上がらない時の健康状態に戻す必要があります。偏った食事にならないように1日30品目を目安に、健康維持に必要な五大栄養素を毎日しっかり摂ることが大切です。食事に自信がない方はサプリメントを活用してください。

世界の塩分摂取量の平均は【1日5g】なのに日本人の塩分摂取量の平均は【1日10.4g】ちなみに男性が【11.4g】女性が【9.4g】この塩分の過剰摂取が高血圧の原因と考えられています。あなたは塩分を摂り過ぎた食生活をしていませんか?
減塩弁当の宅配業者の比較ランキング
高血圧の食事療法を続けていると食べるものが無くて困る事ってありますよね。そんな時に便利なのが減塩宅配弁当です。常に冷蔵庫に減塩弁当を保存してあれば食べたい時に電子レンジで暖めるだけでOK!